2017年09月13日

手足の爪とその周辺の皮膚のお手入れについて

nail care(nail care)というのは、手足の爪とその周辺の皮膚のお手入れの事。美容だけでなく、健康、ファッション、医師による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ)の保全といった多くの捉え方が存在し、nail careはなくてはならないものとなっているのは自明の理である。

どうにかしたいと考えてやみくもにマッサージしてしまう方がいる様だが、事さら目の下は刺激に敏感なので、雑に擦るように力任せの粗っぽいマッサージであれば適しません。

日本皮膚科学会の判別の目安は、?掻痒感、?特徴のある皮疹とその拡大エリア、?慢性及び反復性の経過、3項目全部チェックが入る病気をアトピー(atopic dermatitis)と言っている様だ。

顔の弛みは老廃物や余った脂肪が集合する事でどんどん進行します。リンパが鈍くなってくると様々な老廃物が蓄積し、浮腫が発生したり、余った脂肪が付きやすくなり、弛みの素になります。

歪みが発生すると、臓器は互いに圧迫し合うので、それ以外の臓器も引っ張られ、位置の異常、臓器の変形、血液や細胞の組織液、ホルモン分泌等にもあまり良くない影響を齎します。

意識していなくてもPCのモニターに集中してしまい、眉間にはしわ、且つ口元は口角の下がったへの字(因みに私はこの形をシルエットがそっくりなので「富士山ぐち」と名付けている様だ)になっているのではないでしょうねかこれはお肌にとって最悪です。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、体にダメージを受けた人のリハビリに等しく、顔などの外見にダメージを受けた人が再出発するために備える技量という意味が含まれている様だ。

大方は慢性に経過するが、効果的な治療のおかげで病が管理された状況に保てれば、自然治癒があり得る疾患なのである。
  


Posted by 俊哉  at 03:34美容講座

2017年09月12日

体に蓄積する毒とは一体どんなものなの

体内に溜まった毒物デトックス法に危険性や課題は本当にないと言えるのだろうか。第一、体に蓄積する毒とは一体どんなもので、その「毒物」は体内に溜まった毒物デトックスの効果で流せるのだろうか

医学界全般がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)重視の空気に包まれており、経済の熟成と医療市場の大幅な拡大により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)は2000年代に入ってから大人気のある医療分野だ。

近頃よく聞くデトックスとは、身体の内部に澱のように溜まっているありとあらゆる毒素を排出するという古くからの概念を継承した健康法であくまで代替医療に類別されている。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」を短く切った「detox」から来ている。

ダメだと解っていてもつい忘れてパソコンに集中しすぎてしまい、眉間にしわ、その上口角の下がったへの字(この形を私はシルエットから取って「富士山口」と言っている様だ)になっているのではないでしょうねかこれはお肌にとって最悪です。

ホワイトニング化粧品だと容器などで謳うには、まず薬事法を管轄する厚生労働省に認可されている美白に効果を発揮する成分(よく使われるのはアルブチン、コウジ酸の2種類)を使っている必須があるのだ。

フェイスラインの弛みは不要な老廃物や余った脂肪が滞留する事により徐々に促進されます。リンパの流動が遅くなると不要な老廃物が溜まり、むくみが発生したり、脂肪が付きやすくなり、弛みへとつながってしまいる様だ。

年頃になってから出来る難治性の“大人のニキビ”の社会人がじわじわと増えている。もう10年間この大人のニキビに悩み続けている人が皮膚科のクリニックを訪れている。
  


Posted by 俊哉  at 03:34美容講座

2017年09月11日

肌の弛みはじわじわとひどくなることも

唇の両端、すなわち口角が下がっていると、肌の弛みはじわじわとひどくなります。にこっと口角を持ち上げて笑顔でいれば、弛みの予防にもなるし、何より佇まいが良くなると思いる様だ。

マスカラやアイカラーなどのアイメイクを落とすときに化粧をしっかり落とさなければいけないとゴシゴシと強くこすってクレンジングすると皮膚が荒れたり酷い時は炎症を起こして色素沈着が起こってしまい、目のくまの原因になるのだ。

現代を生きていく身の上では、体内には人体に悪影響を与えるケミカルな物質が溜まり、そして私たちの体内でも細胞を傷つける活性酸素などが次々と生成されていると報じられているようだ。

肌の透明感を生み出す新陳代謝(ターンオーバー)、つまり皮膚が生まれ変わる事ができるタイミングは実は限定されており、それは夜間眠っている間しかありません。

特に女性に広く知られているデトックスとは、人間の体内に澱のように溜まった不要な毒素を体外に出させるという古くからの概念を継承した健康法でダイエット法というよりも代替医療に区別される。「detoxification(ディトクシフィケーション、解毒の意)」を短く切った「detox」から来ている。

内臓矯正は近くの筋肉や骨格により位置に異常をきたした臓器を元々収まっていたであろうポジションにもどして内臓の状態を高めるという手当です。

その上に日々の暮らしのストレスで、心にまで毒物は山のように積もっていき、体の問題ももたらす。「心も体も毒だらけ」という感覚が、現代人をデトックスに駆り立てているのだ。
  


Posted by 俊哉  at 03:34美容講座

2017年09月10日

美意識は相当前から浸透している

日本に於いて、皮膚が白く黄ぐすみやシミが存在しない素肌を望ましいと思う美意識は相当前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。

寝る時間が短すぎると肌にはどのような悪影響をもたらすか御存じでしょうねかその答えは皮ふの新陳代謝(ターンオーバー)が遅延する事。正常なら28日毎にある肌の入れ替わりが遅れてしまいる様だ。

意識していなくてもPCやスマホの画面に釘付けになってしまい、眉間に縦ジワ、尚且つ口角の下がったへの字口(因みに私はシルエットが似ているので「富士山ぐち」と名付けました)をしていませんかこれはお肌にとって最悪です。

近頃大人気の頭皮ケアは別名スカルプケア(scalp care)とも呼ばれるお手入れ方法です。頭皮(スカルプ)は髪の悩みの種である抜け毛やうす毛などに相当関わっていると同時に、顔の弛みにも影響を及ぼすのだ。

下まぶたの弛みを解消・改善する方法で最も有効なのは、顔面のストレッチです。顔面の表情筋は意識していなくても強張ってしまったり、その時の精神の状態に関係している事がよくある様だ。

お肌の新陳代謝(ターンオーバー)が遅れると、ありとあらゆる肌の老化現象や肌トラブルが出現するようになります。シワ・濃くなっていくしみ・顔色がパッとしないくすみ・隈・弛み・嫌な吹き出物・突っ張るような乾燥など、言い出せばキリがないくらい大変です。

現代社会に暮らす我らには、体内には人体に悪い影響を与える化学物質が溜まり、あろう事か私たちの体内でも老化を促進する活性酸素などが生産されていると言い伝えられているようだ。
  


Posted by 俊哉  at 03:17美容講座

2017年09月07日

強く力をかける乱暴なフェイシャルマッサージはNG

皮膚の乾燥の因子の一つである角質の細胞間脂質と皮脂の低落は、アトピー患者のように遺伝的な要素によるものと、エイジングや基礎化粧品などによる後天的要素に縁るものに分かれます。

どうにかしたいと対策を考えて自己流マッサージをしてしまう人がいらっしゃる様だが、目の下は刺激に敏感なので、強く力をかける乱暴なフェイシャルマッサージは不適当です。

今を生きる私達は、365日体内に蓄積され続けるという怖い毒素を、様々なデトックス法を試用して体外へ出し、なんとかして健康になりたいと皆躍起になっている。

下まぶたの弛みの改善策で最も効果的なのは、顔のストレッチ体操です。顔の筋繊維は気付かない間にこわばったり、その時々の精神状態に関係している時が頻繁にあるのだ。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリンにヒアルロン酸を配合して作られた美肌水は低刺激でお肌に優しく、お肌が乾燥しやすい方に有効な化粧水です。防腐剤や芳香剤など余分なものを加えていないため、肌の敏感な方でも使用できるのが特長です。

現代社会を生きる私達は、常時体内に蓄積されていく深刻な毒を、色んなデトックス法を試して追い出し、藁にも縋る想いで健康な体を手に入れようと尽力している。

ネイルのケアというものは爪をより一層健康的な状態にキープしておく事を目的にしている為、ネイルの異変を理解する事はnail care技術の向上に必ず役立ち無駄がない。

大方は慢性に経過するが、正しい手当によって病が治められた状態に維持されれば、将来的には自然寛解が予測される疾患なのである。
  


Posted by 俊哉  at 18:34美容講座